ホームCSRの取り組み太平洋セメントのCSR「CSR理念体系」「経営理念」「行動指針」「行動基準」

「CSR理念体系」「経営理念」「行動指針」「行動基準」

CSR理念体系

「グループ経営理念」は事業活動を行うにあたっての最上位概念です。「グループ経営理念」を踏まえ、グループの価値観・方向性を定性的に示しているのが「ありたい姿・目指す方向性」です。「行動指針」は、より具体的な行動の基本原則です。また定量目標として「中期経営計画」と[CSR目標2025]を設定し、「ありたい姿・目指す方向性」の実現を目指しています。

グループ経営理念

太平洋セメントグループは、持続可能な地球の未来を拓く先導役をめざし、経済の発展のみならず、環境への配慮、社会への貢献とも調和した事業活動を行います。

行動指針:会社としての行動のあり方

  • 太平洋セメントグループとして総合力を発揮し、企業価値の最大化を目指します。
  • 地球環境との調和に努め、循環型社会の実現に向け積極的に貢献します。
  • 法令等を遵守するとともに、社会の良識に則って行動します。
  • 広く社会とのコミュニケーションを行います。
  • 技術の更なる研究・開発に努め、優れた製品・サービスを社会に提供します。
  • 国際的な企業として、グローバルな視野で発想し行動します。
  • 事業環境の変化に即応し、柔軟に行動します。
  • 一人ひとりが社内外に通用する人材となることを目指します。
  • 人権を尊重し、安全で健康な職場づくりに努めます。

行動基準:一人ひとりの行動のよりどころ

【目指す方向性】
私たちは、「社会基盤の整備、資源循環の促進、そして地域社会の活性化を支える」太平洋セメントグループの一員として、自ら考え行動します。

【公正さの追求】
私たちは、常に公平で公正な姿勢を保ちます。

【社外との誠実な関係づくり】
私たちは、様々な関係者に対し誠実・公正に対応します。

【連携と協調の職場づくり】
私たちは、働く仲間を大切にし、ともに成長していくことを目指します。

【会社資産・情報の適切な使用】
私たちは、重要な経営資源である会社資産や情報を、適切・適正に取り扱います。

【役職者の率先垂範】
役員をはじめとする役職者は、この行動基準の実現が自らの役割であることを認識し、職場に浸透するよう自ら行動します。太平洋セメントグループは、持続可能な地球の未来を拓く先導役をめざし、経済の発展のみならず、環境への配慮、社会への貢献とも調和した事業活動を行います。

PDF行動基準[ケースブック](全文PDF)

詳細はCSRレポートの該当ページを参照ください。

CSRレポート アーカイブライブラリー

各レポートの関連トピックはこちら

【CSRレポート2016】
CSRレポート2016
P.4~5, 26
PDF(927KB)
【CSRレポート2015】
CSRレポート2015
P.2, 24
PDF(594KB)
【CSRレポート2014】
CSRレポート2014
P.2, 26
PDF(749KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。