ホームお知らせ

お知らせ

弊社のメールアドレスを偽ったウィルス付メールについて

2010年3月
太平洋セメント株式会社

 最近、差出人(発信者)として太平洋セメントのメールアドレス(****@taiheiyo-cement.co.jp)を偽ったウィルス付メールが出回っています。

 このウィルス(MyDoom、NetSky等)は、感染したパソコン内に保存されているメールアドレスを収集し、そのアドレス一覧から、任意に選択したメールアドレスを差出人(発信者)として使用するため、「差出人」が本当の発信者とは限らないウィルス付メールを発信するという特性を持っています。

 同様に「宛先」も任意に選択したメールアドレスを使用するため、全く心当たりのない差出人からウィルス付メールが特定の方に繰り返し届くこともあります。

 弊社では、メールサーバ及び各従業員のパソコンに対し厳重なウィルス対策を講じ、ウィルス付メールの社内侵入及び社外発信防止を図っており、ネットワーク上のセキュリティについても最善の対策を講じております。また、2004年6月現在、弊社からはウィルス付メールを発信していないことを確認しておりますが、上述のようなウィルスの場合は、弊社のメールアドレスを偽装したウィルス付メールを発信する可能性があります。

 従いまして、弊社のメールアドレスを差出人(発信者)とするウィルス付きメールを受信されても、弊社からのメールではございませんので十分ご注意ください。また、これらのメールはウィルスの特性上、本当の発信者(ウィルスに感染している第三者)を特定することが困難であるため、残念ながら弊社側で停止することはできません。

 何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 なお、ウィルスに関する情報については、ウィルス対策に関する公的機関(※)またはウィルス対策ソフトウェア販売会社などのホームページを参照ください。

(※)公的機関のホームページ
独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)
http://www.ipa.go.jp/security/