ホーム研究・技術開発都市ごみ焼却残さのセメント資源化技術 ~灰水洗システムの革新~はじめに

灰水洗システムは都市ごみ焼却残さ(焼却灰、ばいじん)をセメント原料として利用出来るため、
① 埋め立てが不要となり、最終処分場の延命化ができる
② 1450℃焼成により、ダイオキシンを完全無害化ができる
③ 2次廃棄物が発生しない
などの特徴を有しています。
灰水洗システムはこれまで、弊社工場(下記)に導入し、現在に至っています。
・2001年7月熊谷工場事業稼働
・2004年3月藤原工場事業稼働(ばいじん処理)
・2007年4月大分工場事業稼働(焼却灰処理)
・2011年3月藤原工場事業稼働(焼却灰処理)
・2013年4月上磯工場事業稼働(焼却灰処理)
・2015年4月大船渡工場事業稼働(焼却灰処理)
また、導入から現在に至るまで、受入増加や性状変化に対応し、経験やノウハウを蓄積する一方、現状システムの更なる性能向上に向け取り組んできました。

焼却灰

清掃工場から排出される燃えがらで、主成分として、セメントの構成要素である二酸化けい素(SiO2)、酸化カルシウム(CaO)、酸化アルミニウム(Al2O3)、などを含みますが、セメント原料にとって好ましくない金物などの異物が少量、塩素が1~2%混入しています。

ばいじん

都市ごみを焼却した際に排ガスとともに運ばれ、集じん機によって集められた微細な灰です。主成分は焼却灰と同じですが、セメントにとって好ましくない塩素が10~20%含まれています。また、ダイオキシン類及び重金属類が極めて微量含まれています。

本技術に関するお問い合わせはこちらから

上に戻る