ホーム研究・技術開発リントル®を使用したリン回収技術展望

セメント産業では、多種多様な廃棄物を引取り、代替原燃料として活用しています。下水処理場で発生する下水汚泥は、その主たるものでありますが、近年、自治体によっては汚泥中のリン濃度が上昇傾向にあり、セメントの品質維持の側面から、受入余力が減少しつつあります。太平洋セメントでは、排水からリンを回収する本技術の他に、下水汚泥を肥料化する技術も開発しています。これらの技術は、リン資源リサイクルのみならず、セメント産業が資源循環型社会を形成・維持するためにも、重要な技術であると捉え、技術提供の普及に取り組んでいます。

本サイトでは、下水分野での取り組みを中心に紹介していますが、し尿、畜産、食品、化学分野等においてもリントル®は利用できます。

本技術に関するお問い合わせはこちらから

上に戻る