ホームCSRの取り組みリスクマネジメント コンプライアンスコンプライアンス関連細則類

リスクマネジメント コンプライアンス

■反贈賄への取り組み

「反贈賄に関するトップメッセージ」

太平洋セメントグループは、コンプライアンスをビジネスの根幹理念と位置付けております。
当社はかかる理念に基づき策定した「行動指針」において「法令遵守と社会の良識に則り行動する」ことを宣言し、2005年3月に「コンプライアンス基本方針」を公表いたしました。
これに加え、贈賄行為に対する規制強化という近時の国際的な潮流に照らし、腐敗防止の取組みを強化するため、2017年1月に「反贈賄基本方針(ポリシー)」を策定しました。
この「反贈賄基本方針(ポリシー)」をグループ内外に公表することで、反贈賄の徹底を宣言しています。

PDF「反贈賄基本方針(ポリシー)」

■公的研究費の適正な運用・管理および研究活動における不正行為への対応

当社は、文部科学省が制定した「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に基づき、当社研究活動における公的研究費の適正な運用・管理および研究活動における不正行為への対応に関する規則を定め、当該規則に則り以下の体制を整備しています。

○責任体制
当社は、以下の責任体制のもと公的研究費の適正な運用・管理を行い、研究活動における不正行為を防止します。

責任者 太平洋セメントでの役職
最高管理責任者 代表取締役社長
統括管理責任者 研究開発担当役員
公的研究コンプライアンス推進責任者
(研究倫理教育責任者)
研究員等の所属する事業所長
※競争的資金等の公的研究費の運用・管理に関わる全ての構成員

■税務コンプライアンス徹底への取り組み

「太平洋セメントグループ税務方針」

太平洋セメントグループは、税務に関するコーポレートガバナンスを一層充実させるため、2019年11月に「太平洋セメントグループ税務方針」を策定しました。
当社グループはこの税務方針に則り、税務コンプライアンスを徹底し、適正な納税を行います。

PDF「太平洋セメントグループ税務方針」

レポート関連ページ

レポートの関連トピックはこちら

太平洋セメントレポート2020
CSRレポート2020
P.16~17, 50~55
PDF(1,569KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。