Carbon Neutral
カーボンニュートラルの取り組み

2021年に策定した「太平洋セメントカーボンニュートラル戦略2050」に
基づく取り組みについてご紹介します。

ゼロカーボン・セメントの実現に向けて

カーボンニュートラル技術の確立はセメント産業の将来に繋がる最重要課題であると捉えると同時に、当社の成長戦略と位置付けています。

当社では、「カーボンニュートラル技術開発プロジェクトチーム」を新設し、2050年にサプライチェーン全体としてカーボンニュートラルを実現するべく総力戦で取り組んでいます。

ゼロカーボン・セメントの実現に向けて

3側面でのCO2削減ビジョン

長期ビジョンの実現に向けては、既存技術を応用・発展させることに加え、 革新的技術を開発しコストも含めて実用可能なレベルにまで高めることが必須条件です。「カーボンニュートラル技術開発プロジェクトチーム」を中核として社会実装可能な技術を早期に確立し、下記3側面でCO2を削減することで、2050年までに実質的なカーボンニュートラルの実現を目指しています。

3側面でのCO2削減ビジョン

サプライチェーンにおける取り組み

当社の取組課題がサプライチェーンにおいてどのような場面に位置付けられているのかをご紹介します。
あなたの気になる取り組みにカーソルを合わせ、詳しく見てみましょう。(スマートフォンでは、図の下部で各工程の取り組みを紹介しています。)

コアとなる取り組み コアとなる取り組み セメント製造 物流 コンクリート製造 骨材生産・物流 供用・解体 再利用 廃棄物・副産物調達 石灰石採掘・物流

セメント製造

  • セメントキルンに適した効率的なCO2の回収
  • クリンカ改良・混合材利用等による低CO2セメントの設計・開発

物流

タンカー及びトラックの省エネ化、EV化

コンクリート製造

CO2硬化型セメント等によるCO2利用

骨材生産・物流

トラックのHV化、EV化

供用・解体

コンクリートによるCO2の吸収

再利用

解体コンクリート・生コンスラッジの活用

廃棄物・副産物調達

サーキュラーエコノミー構築への貢献

石灰石採掘・物流

  • 重機:EV化
  • 鉱山緑化