ホーム会社情報行動指針

行動指針

この「行動指針」は、当社及び当社の全役員・全従業員が事業活動において行動する上で遵守しなければならない基本原則であり、「太平洋セメントグループ経営理念」を具現化するための指針として位置付けるものです。また「行動指針」は、当社が社会の一員として行動するための企業倫理を示したものでもあります。全役員・全従業員は、事業活動の中でこの「行動指針」に沿って行動します。

太平洋セメントグループとして総合力を発揮し、企業価値の最大化を目指します。
単体としての企業発展とともに、当社グループのリーダーとしての自覚を持って、競争力のある企業集団の構築を目指して行動します。また、継続して生み出す利益の総和の拡大を図ることにより、経済的価値を高め、ステイクホルダーの期待に応える存在になります。
地球環境との調和に努め、循環型社会の実現に向け積極的に貢献します。
天然資源やエネルギーの多消費型産業であることを認識し、積極的な環境負荷の低減に努め、地球環境を保全するための予防対策を行います。また、セメント産業の特徴を最大限に活かし、各種廃棄物を燃料・原料等として活用するシステムを通じて、持続可能な循環型社会づくりに貢献します。これらの実施にあたっては、地域社会との共生を図ります。
法令等を遵守するとともに、社会の良識に則って行動します。
国内外の諸法令、社内の諸規程を十分認識し、これらを遵守します。さらには、企業・個人とも社会の常識・規範に則った行動をすることにより、企業の社会的信頼・信用を築いていき、コンプライアンス経営体制を目指します。
広く社会とのコミュニケーションを行います。
必要な企業情報を積極的かつ公平・公正に開示し、ステイクホルダーとのコミュニケーションを図ります。
技術の更なる研究・開発に努め、優れた製品・サービスを社会に提供します。
100年以上培われた技術を確かなベースとして、これに甘んずることなく技術革新に全力をあげ、社会的に有用でかつ信頼性のある製品・サービスを優れた品質管理のもとで安定的に提供します。とりわけ、社会基盤整備や循環型経済社会システムについての技術開発を積極的に行います。
国際的な企業として、グローバルな視野で発想し行動します。
世界全体を見渡す広い視野を持って事業活動を行います。また、国際基準・ルールに則り、その国の文化・慣習を尊重し、現地社会との相互信頼に努めます。
事業環境の変化に即応し、柔軟に行動します。
事業環境の変化を先読みし、その変化に適応した尺度を持ち、柔軟かつ主体的に行動し、活力溢れる企業風土を築きます。
一人ひとりが社内外に通用する人材となることを目指します。
個人はそれぞれの分野で、専門性の高い「プロの企業人」を目指して絶えざる自己革新を行い、また会社はそのための能力開発を支援します。
人権を尊重し、安全で健康な職場づくりに努めます。
従業員はもとより事業活動に関係する人々の人権を尊重し、安全と健康の確保とともに明るく働きやすい職場環境の整備に努めます。