ホームCSRの取り組み社会との取り組み情報開示

情報開示


ステークホルダーの皆様のご理解と信頼を得るために、様々な媒体を通じての情報発信に努めています。また、お寄せいただいたご意見や情報は日頃のIR活動や経営に役立てています。
2018年度以前の詳細はCSRレポートの該当ページを参照ください。

情報開示方針
  • 情報開示に対する考え方
    当社は、「太平洋セメントグループ経営理念」を具現化するにあたり、情報開示を通じてステークホルダーの皆様のご理解と信頼を得ることが必要不可欠と考えています。また、積極的に情報を開示することは、企業の社会的責任のひとつと認識しています。
  • 基本方針
    当社は、企業情報を適時・適切かつ公正・公平に開示します。
  • 開示範囲
    当社は、金融商品取引法その他の関係法令および証券取引所の規程等を遵守し情報を開示します。また、ステークホルダーの皆様に有用と思われる情報についても積極的に開示します。
  • 開示方法
    ニュースリリース、当社ウェブサイト、各種刊行物、説明会等最適な方法によって開示します。当社が上場している証券取引所の有価証券上場規程に該当する情報の開示については、証券取引所の適時開示情報伝達システムTDnetにて開示されます。TDnetにて開示された後、すみやかに当社ウェブサイトに掲載します。
  • 体制整備
    当社は、本方針に則った情報開示を行うために、社内体制の整備・充実に努めます。また当社は、役員および従業員に対し本方針の周知徹底を図ります。

■IR活動

当社は株主・投資家の皆様に向けた適時・適正な情報開示に努めています。機関投資家の方々を対象とした年2回の決算説明会では、経営トップが経営方針などを直接お伝えしています。2019年度も、個別ミーティングやスモールミーティングの実施、証券会社が主催するIRカンファレンスに参加しました。また投資家の方々のご要望に応じて、生産現場である工場や鉱山の見学会なども随時実施しています。

IR活動(2019年度)

活動 回数(回) 出席者数(名)
決算説明会 2 121
個別ミーティング・
スモールミーティング
149 179
証券会社主催IRカンファレンス 1 6

■各種情報公開ツール

>ホームページ

ニュースリリースや製品・サービスの情報はもとより、採用情報や研究開発部門の情報も掲示しています。

>技術情報誌「CEM'S」

当社製品ユーザー向けに技術情報誌「CEM'S」を年4回発行しています。セメント・コンクリート、建材、環境関連の技術動向の解説、時流に即した研究開発、最新の施工事例等を紹介しています。

>太平洋セメント研究報告

当社における研究開発の成果についてまとめたもので年2回発行しています。バックナンバーの一部はホームページでもご覧いただけます。

>社内報「Taiheiyo」

年6回発行しています。マネジメントの経営方針や事業方針、グループのイベント情報、従業員の声等を掲載しています。2015年9月号より「SHINE UP通信」というコーナーを設け、従業員一人ひとりが働きやすい職場環境となるような取り組みや事例を掲載しています。

なお、社内報は社内だけでなく、地域社会やマスメディアへも配布しています。

 

 

 

 


CSRの取り組み

Copyright© TAIHEIYO CEMENT CORPORATION All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る