ホームCSRの取り組み太平洋セメントのCSRCSRマネジメント

CSRマネジメント

CSR経営を推進するための基本方針として、以下の6項目を挙げています。
詳細は太平洋セメントレポートの該当ページを参照ください。

CSR経営推進の基本方針

  1. 当社の経営理念・行動指針を踏まえ、目指すべき理想のCSR経営を明確にし、CSRに基づいた事業活動の進展を図る。
  2. コンプライアンスを最重視する企業風土を醸成し、全役員・従業員が常に主体的に最適な判断を行うことを志向する。
  3. 環境保全・人権擁護・地域貢献等が当社の社会的使命であると認識した経営を行う。
  4. CSRの重点課題について、積極的に取組み、適正な優先順位付けと資源配分を行う。
  5. CSR経営推進の状況を踏まえ、ステークホルダーに対して適切な情報開示・コミュニケーションを実践し、信頼関係を構築する。
  6. CSR経営推進を当社グループ全体の活動として位置付ける。

●CSR経営の推進体制

CSR経営の推進体制
レポート関連ページ

レポートの関連トピックはこちら

太平洋セメントレポート2020
CSRレポート2020
P.56~59
PDF(1,032KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。