ホームCSRの取り組み>コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの強化は、企業価値を高め、株主の皆様をはじめ、すべてのステークホルダーに対する責任を果たすために不可欠です。信頼される企業として、さらなる経営の健全性確保に取り組んでいきます。
詳細は太平洋セメントレポートの該当ページを参照ください。

■基本的な考え方

2015年12月22日に制定したコーポレートガバナンス基本方針に則り、コーポレート・ガバナンスの継続的な充実に取り組むことにより、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努めています。

■コーポレート・ガバナンス体制

経営機構は、取締役会と監査役会を基本としています。
また、執行役員制度を導入し、経営の意思決定および監視・監督機能と業務執行の分離に努めています。監査役の業務全般を補助する機関として室長以下3名体制で監査役室を設置しています。また、監査部を設置して内部監査を実施し、改善すべき事項を明らかにし、社長宛に監査結果の報告を行い、内部監査の実効性を高めています。
そのほかにCSR経営委員会を設置し、事業活動のあり方をCSRの観点から改善を行うなど、コーポレート・ガバナンスの強化を図っています。

●コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図

■内部統制システム

2006年5月16日に取締役会で決議した「内部統制システム構築の基本方針」(2010年9月21日および2015年4月28日取締役会決議にて一部改訂)に基づき、①業務の効率性、②リスク・コンプライアンス、③財務報告の観点から内部統制システムを構築し、諸活動の充実に取り組んでいます。

PDFコーポレートガバナンス基本方針

太平洋セメントのコーポレートガバナンス基本方針については上記のPDFを参照ください。

PDFコーポレート・ガバナンスに関する報告書

コーポレート・ガバナンスに関する報告書については上記のPDFを参照ください。

レポート関連ページ

レポートの関連トピックはこちら

太平洋セメントレポート2020
CSRレポート2020
P.45~49
PDF(1,292KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。