ホームCSRの取り組みリスクマネジメント コンプライアンス

リスクマネジメント コンプライアンス

当社は「行動指針」において“事業環境の変化に即応し、柔軟に行動する”、“法令遵守と社会の良識に則り行動する”ことを宣言し、リスク管理およびコンプライアンスを事業・CSR活動の基盤と考えています。事業の健全性と持続可能性を維持・向上させるために、「リスク管理・コンプライアンス委員会」を中心として、より実効性の高いリスク管理活動、グループ会社も含めたコンプライアンスの徹底に取り組んでいます。
詳細は太平洋セメントレポートの該当ページを参照ください。

●リスク管理・コンプライアンス推進体制

リスク管理・コンプライアンス推進体制

管理対象:グループ会社103社(2020年4月現在)

■リスク管理基本方針

リスク管理基本方針

  1. 当社は、製品・サービスの品質と安全性を確保し、従業員および家族の生活と安全を守り、ステークホルダーから一層の信頼を得るため、リスクの予防と低減に努める。
  2. 当社は、事業活動を取り巻く様々なリスクを適切に管理するための体制を整備する。
  3. 当社は、計画・実践・評価・是正のサイクルを通じてリスク管理を推進する。
  4. 当社は、リスクが顕在化した際に迅速かつ適切に対処する。
  5. 当社は、当社グループ各社と連携し、事業環境の変化に伴い新たに生じるリスクを機敏に感知し、太平洋セメントグループとして迅速かつ適切に対処するための体制を構築する。

■コンプライアンス基本方針

2005年3月に「コンプライアンス基本方針」を公表し、併せて「コンプライアンス規程」を制定しました。当社の「コンプライアンス」の定義は、狭義の法令遵守にとどまらず、法令の背景にある社会通念やグループ経営理念、当社行動指針、社内諸規程の遵守を含むものとなっています。

コンプライアンス基本方針(要旨)

  • 経営理念、行動指針、社会規範の遵守
  • 社内諸制度・規程の整備と周知徹底
  • グループ各社の連携と教育・啓発活動推進
  • 問題発生時の適切な対応と施策打ち出し
  • 必要な情報の適時・適切な開示と コミュニケーション
  • 国際基準・ルール遵守と現地文化・習慣尊重
  • 反社会的勢力・団体の不正・不当な要求拒否

○コンプライアンス関連細則(※クリックで次ページにリンクします)

  • 反贈賄の取り組み
  • 公的研究費の適正な運用・管理および研究活動における不正行為への対応
  • 税務コンプライアンス徹底への取り組み

■新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応

新型コロナウイルス感染症の拡大により、2020年4月7日付けで日本政府から「緊急事態宣言」が発出されたことを受け、当社では同日付けで「緊急対策本部」を設置し、国内外の全従業員に向け当社の緊急対策についての通達を行い、感染拡大防止と事業継続のための諸施策を実施しました。

■情報セキュリティ

情報セキュリティマネジメントシステムの基本規定として、「情報セキュリティ管理規程」を制定し、積極的に情報セキュリティ保持活動に取り組んでいます。

情報セキュリティ基本方針(要旨)

  • 業務上生じる全ての情報を情報資産とする。
  • 管理、監督下にある情報資産を脅威から保護するために適切なセキュリティ対策を講ずる。
  • 取り扱う全ての情報資産について、それぞれの分類に適した管理者、管理方法、取り扱い基準等を規定し、セキュリティを保護する。
  • 情報セキュリティに関する法令、その他の社会的規範を常に遵守し、個人情報は「個人情報保護方針」に準じて管理する。
  • 全役員および従業員に情報セキュリティについての教育・啓蒙を継続的に実施し、情報セキュリティの周知徹底に努める。
  • 万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生した場合、原因を迅速に究明し、被害を最小限に止めるよう努める。
  • 情報セキュリティの運用状況等を定期的に監査を実施し、情報セキュリティ確保への継続的な改善・向上に努める。

●情報セキュリティ体制

情報セキュリティ体制

個人情報保護方針(要旨)

  • 個人情報の取得、利用、提供、委託等を行う場合には厳正な管理のもとで適正に行い、保護に努める。また、利用目的の達成に必要な範囲を超えた取扱いを行わない。
  • 法令およびその他の規範を遵守する。
  • 不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等の予防・是正について適切な措置を講ずる。
  • 個人情報の取扱いに関する苦情および相談に対しては、適切かつ迅速に対応する。
  • 個人情報保護マネージメントシステムを制定し、適切な管理の維持に努める。

■知的財産

知的財産基本方針は、事業部門・研究開発部門との連携を強化して事業戦略・研究開発戦略とベクトルの合った知的財産活動を展開し、知的財産による太平洋セメントグループの収益向上に貢献することとしています。
また、「知的財産権取扱規程」「グループ知的財産管理ガイドライン」を定め、これらに基づく知的財産活動に取り組んでいます。

レポート関連ページ

レポートの関連トピックはこちら

太平洋セメントレポート2020
CSRレポート2020
P.16~17, 50~55
PDF(1,569KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。