ホーム研究・技術開発耐久性予測システムはじめに

はじめに

RC構造物の長寿命化や合理的維持管理技術の進展に伴い、種々の材料・配合のコンクリートに対し、様々な劣化現象に対応可能な耐久性予測技術が求められています。種々の劣化を、実際に生じている現象に基づいて予測するには、コンクリート中に存在する液相中の各種イオンの移動や水和物によるイオンの固定、それら水和物の生成・溶解など、劣化現象に関与する多様な化学的因子の挙動を総合的に解析することが必要となります。当社は、複数化学種を対象とした物質移動モデルに、C-S-Hの溶解平衡や表面吸着の計算が可能なセメント硬化体の熱力学的相平衡モデルを連成させることで、物質移動に伴い経時的に変化する気相・液相・固相組成を予測するモデルの開発を行ってきました。

本技術に関するお問い合わせはこちらから

上に戻る