ホーム研究・技術開発太平洋セメント品質予測システム(TQPS®)はじめに

さらなる品質の安定化を目指して

はじめに

近年のセメント製造における各種廃棄物の原燃料代替利用率の上昇に伴い、セメント製造にはより厳密な品質管理が求められています。

従来の試験項目に加えて、当社では2005年よりXRD/リートベルト法注1) を国内工場に順次導入してきました。さらに次段階としてリートベルト法を含む各種試験データを連携的に活用するシステムを構築し、さらなる品質の安定化および改善に取り組んでいます。その一環として、当社は『太平洋セメント品質予測システム「TQPS®」』を開発し、特許注2) を取得しました。

注1) X線回折図形により鉱物組成を定量する解析手法。従来の方法に比べ短時間で正確な分析が可能。
注2) 特許第5323290号 セメントの品質または製造条件の予測方法

当社のリサイクル利用率 経年推移

本技術に関するお問い合わせはこちらから

上に戻る