ホーム研究・技術開発製品・技術情報
  • セメント資料館

製品・技術情報

太平洋セメント中央研究所で研究・開発された最新の製品・技術を紹介します。

探している技術が必ずある CSM別ページ展開
コンクリートソリューション(CS)とは、要求される性能に応じた特定用途のコンクリート(製品)などの技術提供を行うサービスです。太平洋セメントグループで保有する商品や技術を組合せてパッケージし、さまざまな要求に応えるCSメニューを提案します。
RFID構造物診断技術
センサ付きRFIDを用いた構造物診断技術は、RFID無線技術を利用し、構造物に生じる「ひずみ」や「鋼材の腐食環境」を非接触・非破壊で検知する画期的な技術です。
カドミウム汚染水田の化学的洗浄工法 食の安全のために
カドミウムを水田から除去し、安全なお米の栽培が可能となる浄化工法を確立しました。環境、生産者、消費者全てに優しい水田の浄化工法です。※重金属の一種で、腎臓障害などを引き起こす汚染物質。イタイイタイ病の原因ともなった。
確かな技術で未来をつなぐ コンクリート舗装・道路関連技術
近年、社会資本の効率的運用や環境への負荷低減が求められており、高耐久性を有するコンクリート舗装が見直されてきています。当社は社会情勢や道路利用者のニーズに対応したコンクリート舗装の技術開発を推進しています。
XRD/リートベルト法による高精度品質管理システム
近年セメント産業では、廃棄物・副産物をリサイクル資源として積極的に活用しています。そこでは従来よりも高度な品質管理が要求されるため、セメント工場へ新しい品質管理技術(XRD/リートベルト法)を導入しています。
太平洋ブランドセメント・コンクリート
ユーザーニーズが日々多様化・高度化する中、太平洋ブランドセメント・コンクリートの呼称で、新規セメント商品の開発や当社グループ製品の性能を最大限に活かした差別化コンクリート技術の開発を進めています。
リントル®を使用したリン回収技術
生物にとって必須であるリン資源の持続的利用を可能にする資材「リントル®」を開発しました。「リントル®」を使用することで再利用されていない排水中のリンを回収し、肥料として資源化できます。
太平洋セメント品質予測システムTQPS®
セメントの更なる品質安定化のため、『太平洋セメント品質予測システム「TQPS®」』を開発しました。セメントの特性が製造時に予測可能となったことで、所定の品質を確保するための目標値の効率的な管理や品質異常の未然防止に貢献します。
耐久性予測システム
当社の耐久性予測システムは、種々の材料・配合のコンクリート、あるいは様々な劣化現象にも適応可能な、コンクリート構造物の寿命を予測するコンピュータシミュレーションです。
機能性中空粒子の開発
機能性中空粒子は、直径はが1~10μmの粒子内部に空洞が存在する微小粒子で、フィラー材として断熱性能を発揮し、省エネ化への貢献が期待される高機能材料です。
都市ごみ焼却残さのセメント資源化技術 ~灰水洗システムの革新~
灰水洗システムは都市ごみ焼却残さのセメント資源化技術として、弊社工場に導入され10年以上の実績があります。これまでの操業で得られた経験とノウハウを基に、より良いシステムへと革新致しました。
混合セメント設計システム TCDS®
TCDS®は海外セメント市場においてシェアが高まっている混合セメントの設計を実施できます。混合材に高炉スラグ、フライアッシュ、石灰石微粉末を用いた混合セメントであれば、即座に最適配合を算出します。
世界最高強度を達成するPFC(無孔性コンクリート)の開発
PFC®(Pore Free Concrete:無孔性コンクリート)は、硬化体中の空隙を極限まで少なくすることにより、流し込み成型での世界最高強度を達成するコンクリートです。最密充填の材料設計と水和を促進する製造方法によって鋼と同等の強度を発現します。
結合剤噴射方式3Dプリンター用無機粉末 TCaST別ページ展開
TCaSTは、BJ方式の積層型3Dプリンターで使用可能な無機粉末材料です。鋳型の主型・中子を直接作製できるため、スピーディーに複雑な形状の特殊な鋳型を製作できます。また、溶湯温度が高い金属の鋳造にも利用できるため広範に活用できます。

上に戻る