ホームCSRの取り組み社会との取り組み安全

安全

「働く仲間の安全と健康の確保」が企業存立の基盤をなすものと捉え、サプライチェーンなどを含めた労働災害の撲滅と快適な職場環境の実現を目指し、組織的な安全保安衛生活動を継続的に推進しています。
詳細は太平洋セメントレポートの該当ページを参照ください。

太平洋セメント 安全保安衛生方針

  1. 労働災害ゼロを目指し、労使協力の下に安全保安衛生活動を推進します。
  2. 安全保安衛生関係諸法令を遵守するとともに、当社で定めた安全保安衛生管理規程と事業所及びグループ関係会社で定めた安全保安衛生規定類に基づき、従業員と協力会社の安全保安衛生を確保します。
  3. 労働安全衛生マネジメントシステムの実施及び運用を積極的に推進し、作業と設備の本質安全化並びに教育訓練や啓蒙活動を継続的に実施し安全保安衛生水準の向上に努めます。
  4. 全社と事業所及びグループ関係会社の安全保安衛生委員会を通して技術の進歩及び安全保安衛生の新しい知識情報に適応し、職場環境と作業方法を継続的に改善します。
  5. 全社と事業所及びグループ関係会社の安全保安衛生委員会のリーダーシップで労働災害撲滅活動を進め、太平洋グループ全体の安全保安衛生の確保を推進します。

PDF安全保安衛生方針(全文PDF)


「CSR目標2025」Ⅰ. 災害防止

  1. 目標

    死亡災害ゼロ


  2. 目標到達方針

    (1)全ての従業員、関係会社従業員、協力会社がPDCAサイクルを自己完結できる安全活動の推進

    (2)「挟まれ・巻き込まれ」、「墜落・転落」災害撲滅へ向けての職場環境整備強化


  3. 対象範囲

    当社グループ各事業所(含む海外)における従業員、協力会社従業員

■安全保安衛生体制

安全担当役員を委員長とする「全社安全保安衛生委員会」を設置し、各事業所およびグループ会社の活動を統括しています。また、OSHMSの運用を2002年に開始し、2003年からは、国内外のセメント工場・鉱業所で逐次展開しています。

OSHMS:Occupational Safety and Health Management System
厚生労働省が指針を定めている。連続的かつ継続的な安全衛生管理を自主的に行なうことにより、事業所の労働災害の潜在的な危険性の低減、および快適職場を促進させる仕組み。

安全保安衛生体制

■労働災害データベース

当社とグループ会社の従業員および、臨時を含むすべての協力会社の作業員の労働災害検討書を整理したデータベースを2008年度に作成し運用しています。
この検討書を読むことで4M(人、設備、作業方法、管理)の分類に沿って不安全行動・状態の原因内容や対策の優先順を知ることができ、過去の災害に学び職場での類似災害防止や安全教育に活用しています。

レポート関連ページ

レポートの関連トピックはこちら

太平洋セメントレポート2020
CSRレポート2020
P.86~88
PDF(1,330KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。