ホームCSRの取り組み環境への取り組み環境負荷の低減

環境負荷の低減

当社は、環境汚染の防止、資源の有効利用、廃棄物の削減、化学物質の適正な管理など、地域環境の保全と環境への負荷を低減する活動を続けています。
詳細は太平洋セメントレポートの該当ページを参照ください。

■環境汚染防止

当社では環境汚染の防止として、大気汚染防止、水質汚濁防止、土壌汚染防止を進めています。また、工場・鉱山・サービスステーション・オフィスでの廃棄物の削減にも取り組んでいます。

■化学物質の適正管理

当社では熊谷工場に設置した都市ごみ焼却灰を水洗する設備が化学物質排出把握管理促進法、PRTR制度届出対象に該当しているため、水域へのダイオキシン類と塩化第二鉄の排出届出を適正に行っています。また「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」(2016年改正)に基づき、高濃度・低濃度PCB廃棄物の保管および処理を適正に行っています。
年度ごとの届出量などの数値データは太平洋セメントレポートおよび各年度のCSRレポートを参照ください。

レポート関連ページ

レポートの関連トピックはこちら

太平洋セメントレポート2020
CSRレポート2020
P.70~71
PDF(1,140KB)
Get ADOBE READER

PDFファイルを開くには、Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。